Eコマース

インターネットショッピングの普及は、私たちの消費行動に大きな影響を与えている。
プロ球団を所有し、一般認知されているショッピングモールや米国発の巨大ネット通販の勇と言えば、誰もが答えることが出来るように、生活に浸透してきている。

自宅にいながら、街へショッピングに行くよりも多くの商品を比べて選ぶことができる。
いままで、お店が遠くて買うことができなかった賞品まで購入できる。
そして、商品は自宅まで届く。

こんな便利なものを使わない手はない。
時間を気にせず、買いたいときに買うことができる便利さは、多くの人をとりこにしている。
今後もこの勢いは加速していくようだ。

冷え込んでいる消費行動をカバーして余りあるかもしれない。
しかしながら、仮想店舗という言葉のとおり、まだまだ信用できそうにないショップも見受けられ、ネットショッピングになれていない人にとっては、敷居が高いのも現実だ。

どの世界にも怪しいものは存在するが、ネットショップの場合は、その判断が難しいところがある。
これは、まじめに商いをやっているショップからするととっても迷惑な話である。
私たちは、自分自身が判断できる目を持ち、安心して買い物を楽しめるようになる必要があるのではないか。

ただ、オークションはもっと目利きが必要である。
限られた情報の中で、出品物と出品者を判断して購入することは、リスクがつきまとう。

«
»