買い物帰りの散歩道

買い物帰りの散歩道に図書館があります。
ここで友人が言っていた、図書館の多い都市である、福岡市について調べてみました。

福岡市には中央区、博多区、東区、南区、西区、早良区、城南区の7つの区があり、それぞれに図書館が設置されています。
それぞれの区に最低1箇所ずつ配置されていますが、中には2箇所以上ある区もあります。

これらの小さな図書館を統括しているのが福岡市総合図書館。
全国でも珍しい長期滞在型の図書館で、施設内にミニシアターやレストランもあり、文字どおり朝から夕方まで長時間楽しめるようになっています。

福岡市総合図書館のホームページでは図書の検索と予約がネット上で行えるようになっており、市内各所の図書館から希望の図書館へ取り寄せることができます。
希望の図書館へ予約した本が届いた時点で、登録していたメールアドレスへメール連絡をしてくれるので、大変便利です。

さて、子どもの読書離れが叫ばれていますが、実は、大人の読書離れの方が深刻なのではないでしょうか。
極端な偏りがあるのです。
活字派とマンガ派に、くっきりと別れる気がしますね。

電車内で文庫本とマンガを読んでいる人を見ると、やはり文庫本を読んでいる方が賢く見えます。
実際は無関係なんでしょうが、世間一般のイメージはそうなんですよね。

やはり世間に対するイメージは大事であるということがわかります。
言葉使いでも「ちげー」「やべー」「すげー」の3つを口に出すと、途端に「出来ないヤツ」と見られるようですね。

よい肉はよい牧場のよい家畜から
ブランド精肉を熟知した食肉卸業者
世間のイメージを裏切らないようブランド肉の品質管理は極上。業務用から家庭用までお届け。
meat-kimura.co.jp/

«