為替

外国為替とは異なる“通貨同士の交換”のことです。

例えば、日本とアメリカであれば、円とドル、日本とドイツであれば、円とユーロを交換すること。

テレビや新聞でよく言っている「1ドル=○○円」とは、交換する際の比率のこと。

通貨同士の交換のためには、「いくら対いくら」で交換するかという比率が必要になり、れを外国為替相場(為替レート)と言います。
通貨の交換は通常、2つの国の間で行われるので、為替レートも2国間の比率を表示します。
それが1ドル=○○円、1ユーロ=○○円というふうに表示されます 。

郵便為替とは、現金の代りとして発行される証書のことです。
郵便局の窓口で相手に送りたい金額+手数料を支払うと、その場で為替証書が発行されます。

相手が受け取り後、それをもって郵便局の窓口に行くと、現金と引き換えられるというものです。
為替は郵便局の貯金・保険窓口に行って、送りたい金額+手数料を添えて提出すると、その場で発行してくれます。

もうひとつ、普通為替というのがありますが、定額小為替と違って、そのものずばりの目的金額を額面に書いた物を発行してくれますので無駄がありません。

ちなみに、今月から10万円を超える金額を振り出す場合は、運転免許書や健康保険証などの本人確認書類の提示も求められます。
ただ、少し古い情報かもしれませんので、詳しい手続きなどはやはり郵便局で尋ねるのが一番確実でしょうね。

ダイビングショップ推薦の石垣島宿泊施設
咲き乱れるハイビスカスやブーゲンビレアで貴方の心もきっと癒されることでしょう。
www.blue-water-divers.jp/

«
»