ショッピング

散歩をすると目につく草花に関心を持ち始めたのは、つい最近のこと。

気になった花は、図鑑には別名「アブラギク」ともいうと書いてありますが、むかしこの菊の茎や葉を油に漬けて傷薬として使用していたことから「油菊」の名があるとの事です。

花期は10月中下旬から11月です。
このあたりでは白い花の咲く「リュウノウギク」を野菊と呼ぶそうです。

この菊は茎や葉が樟脳の原料となる竜脳という木に似た香りがすることから「竜脳菊」と名付けられました。
この花は多年草で茎は細くやや硬めで花は小さく真っ白な花びらの中央半球部が黄色の美しい花の野菊です。

最近は、花の栽培技術も進化したせいか、季節に関係なく、多種多様な花が店頭に並んでいます。
菊などのメジャーな花は、年中需要があるので、見ない時は無いですね。
店舗でしか花を見たことのない子どもは、季節感を自然から学ぶ機会が奪われているんですよね。

ネットショップでは、プリザーブドフラワーなど加工製品が手軽に購入出来る時代となりました。
昔は手作りで、「売れるもの」という認識は全く無かったのですが、商売を考え付く人は常識を疑う目線を持っているのでしょうね。

花を扱うネットショップの繁盛期は、母の日、クリスマス、お彼岸、入学・卒業シーズンとありますが、冠婚葬祭では常に花が必要となりますから、年中忙しいんでしょう。

»