マルチメディア

センター試験初日のことです。
終わった直後は、手応えがあったのかなかったのかわからないというのが本音で、ただただ興奮状態でした。

友人と試験の回答について話しながら帰ったのですが、持てる実力を発揮できた感じです。
ネックなのは私が苦手とする英語のリスニングです。
ICプレイヤーを使用しますが、何年か前の誤作動事件が頭をかすめ、集中できませんでした。

ICプレイヤーの操作方法には塾でも使用していたので慣れているはずが、本番では緊張のあまり手が震えました。
操作方法を間違えて時間のロスタイムが発生したらどうしようかと、悪いことばかり考えてしまいました。

あと残すのは理科と数学です。
この2つは得意科目なので落ち着いて丁寧に回答できれば合格ラインに近づけるはずです。

それにしても大学受験はアナログ的ではありましたが、英語のリスニング等が試験科目となってからは、デジタル機器類が登場してまいりました。
しかも、このデジタル機器を駆使して、カンニングを諮る不届き者も出ているそうです。

マチメディアの時代は、ひとつのデジタル機器が、複数の異なる機器とリンクしてデータのやりとりが可能です。
情報はひとつなれども、媒体は数多く、個人の好みによって選ぶことが可能なのですね。
ところが選択肢が多くなることと、デジタルデータを取り扱うための知識が壁となっている人も、たくさんいるようです。

ダイビング石垣島
石垣島からダイビングの記録
石垣島でのダイビングが素晴らしい思い出になることをお約束致します。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»